避けられない加齢による老化

加齢による顔のたるみはどうするのが良いのでしょう。時間とともに顔のたるみが出てきたものですから、じっくりと時間をかけて改善へ向かわせることです。

 

毎日できるケアとしては、セルフで行うリンパマッサージです。リンパマッサージは毎日のお手入れで継続すると、明らかに輪郭もシャープになりますし、シワなども肌には出来にくくなります。

 

肩がこるのは多くの人が体験していることですが、実は顔も老廃物の蓄積でコリの症状は現れます。このコリをなくして、マッサージで引き上げていきます。
人気のある美顔ローラーを使用してもいいでしょう。

 

バスタイムは時間を取ろう

とにかく毎日の習慣として、継続をすることです。新陳代謝が良くなりますから、体内の老廃物は流れやすくなります。

 

冷え性を解消するにも大事なことです。たるみや肌のすくみ、むくみは体内の冷えが大きく関わっているからです。

 

バスタイムはシャワーだけではなく、湯船に浸かるようにしましょう。ドリンクは、温かい白湯を飲むなど工夫をするといいです。

リンパ促進で肌トラブル改善!リンパの仕組みと働きを知る

老廃物がリンパ節にたまると

美容にはもちろん、健康にも良いとされているリンパマッサージですが、そもそもリンパとは何なのか、という点については意外と知られていません。

 

簡単に言えば、リンパは血液系と同じような体液の循環システムです。ヒトの身体の中には頭のてっぺんから足の先までリンパ管と呼ばれる管がめぐらされており、その中をリンパ液が循環しています。リンパ管が分岐したり合流したりするポイントをリンパ節といいますが、リンパ節は全身に約800か所もあります。リンパの役割は大きく分けて2つあります。

 

1つは細菌などの有害物質が体内に入るのを防ぐ免疫機能で、もう1つは老廃物を体外に排出する機能です。いずれも血液系の働きと似ていますが、リンパの方が透過性が高いため、血管を通ることのできない大きな分子のタンパク質や病原体なども通すことができるという特徴があります。

 

体力の低下や生活習慣の乱れなどによってリンパの流れが滞ると、老廃物などがリンパ節に詰まってしまいます。これがむくみやたるみの原因となります。また、老廃物がうまく排出されないと、細胞の新陳代謝もスムーズに行かなくなります。

 

リンパマッサージは、リンパの流れを活発にすることでこれらのトラブルを解消します。

頑固なほうれい線を取りたい

歳を取るにつれ現れる年齢サインの中でも、多くの女性が気になるほうれい線や顔のたるみ。
アンチエイジングで自分なりに調べて改善を試みても、やはり抗い切れない部分はあります。

ほうれい線に悩まされる

また、やろうと思いながらも怠ってしまっているうちに
気がつけばどうしようもなくなって、半ば諦めている方も多いのではないでしょうか。

そんな頑固なほうれい線は、美容皮膚科のたるみ治療で改善することが期待できます。

ほうれい線は頬が老化によって下垂することで皮膚が覆い被さり
深く影がついて見えるため、深くなるように感じます。

これはほうれい線の下側はコラーゲンや筋繊維を
多く含んでいるため、本来であれば下垂しにくいのですが
頬部分は支持組織が弱くゆるみやすいのです。

そのためセルフケアではとても改善が難しく、諦めてしまう方が多いのです。
また、美容皮膚科での治療となるとやはり傷みを伴うのではと不安に思う部分もあるかもしれません。

しかし、美容皮膚科のたるみ治療はメスを使わず安全な治療方法があります。

加齢によって筋肉が弱くなることで皮膚がたるみ
ほうれい線が深く見えるのは、肌を支えているコラーゲンや
エラスチンなどが加齢とともに減ってたるんだり、
顔に脂肪が増えたことでたるむこともあります。

メスを使った手術もありますが、現代ではレーザーや高周波、
超音波を使いメスを使用しない最新の方法が主流になっています。

日常生活に制限がなく治療後も化粧がすぐにできるため
周囲に気付かれずにほうれい線を改善することができます。

密かにアンチエイジング

たるむ前の予防としても効果を発揮する治療法です。
美容皮膚科ではレーザーの何倍もある熱エネルギーで
皮膚深部から皮下組織や脂肪に至るまで熱刺激を与えることで
コラーゲン組織を産生し、皮膚が強力に引き締まるたるみ治療や
超音波の熱エネルギーを使って皮膚を支える表在性筋膜に
作用するたるみ治療も可能です。

手術でのみ引き上げることができなかった表在性筋膜へ
アプローチしてリフトアップを可能にしています。

他にもボトックス注射など美容皮膚科ではメスを使わずに
治療してほうれい線を改善することが期待できるのです。