毎日の筋トレはしないほうがいい 筋トレのカギは超回復 

スポーツでもっと強くなりたいから、健康のためになどいろいろな理由で筋トレをしている人がいます。中には毎日のようにしている人も見かけます。でもこれは本当に毎日行う必要はあるのでしょうか。ここではウエイトトレーニングの超回復について解説していきます。
・筋トレした筋肉は回復させる事が重要
 ウエイトトレーニングとは通常よりも高い負荷を筋肉に与えていく行為でもあります。そのような刺激を受ける事により、筋肉は少しの損傷を引き起こします。これは本当にミクロの世界の話で筋肉を痛める事とは別です。
 そうしたわずかな損傷や筋肉疲労などにより、筋肉は一時的に能力が落ちます。そして時間が経過していくとまたその能力は元の状態に戻ります。この負荷を与えてから回復するまでの時間が48時間から72時間と考えられています。
 したがって毎日のように筋肉トレーニングをすると、筋肉が回復できないままにトレーニングをする事になります。毎日10回挙上できた同じ負荷でも、10回も挙げる事ができない状態です。
 これを繰り返していると、トレーニング自体のパフォーマンスが上がりません。それゆえ、筋肉の成長ができないどころか、オーバートレーニングになります。これが行き過ぎてしまうと体の回復を超えてしまいます。
 パフォーマンスが落ちて、ケガや病気になる可能性が高くなるので良くありません。上級者で分割法などを採用している人を別にして、毎日筋肉トレーニングをしているにも関わらずに、支障がないという人は、しているトレーニングの負荷が軽すぎる証拠です。
・超回復がカギになる
 筋肉への回復への道のりは少し複雑です。まずはトレーニングにより筋肉に負荷がいくと、筋力が落ちます。そして時間が経過していけば、回復してきますが、この時、負荷を与えた時点よりも一時的に筋力が上がります。
 トレーニングにより受けた傷を回復するだけでなくて、トレーニングによって受けた負荷にも耐えられるようになるのです。つまりはより強くなり負荷に適応できるようになると言えるのです。この事を超回復と呼んでいます。
 トレーニングは超回復のタイミングを押さえて、そこで次のトレーニングをするのが理想的です。あまり休養する時間を長く取り過ぎても、また筋力は落ちてきてしまうからです。
 ですが超回復のタイミングに関しては、個人差があります。したがって明確にいつ訪れるかは言えません。しかし、おおよその目安としてはトレーニングした後に1日から2日休んで、体が軽く感じるとか、ウエイトを楽に扱える時が超回復のタイミングであると考えて大丈夫です。
 筋肉の回復に合わせてトレーニングをする事が効率のいいトレーニングなのです。超回復についても考えてトレーニングをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です