男性のスキンケアについて私が考えている事とその方法

40代の男性です。私の肌の美容について、書かせていただきます。
私は昔から敏感肌、乾燥肌でした。高校生の頃から冬になると手が荒れるし、顔もカサカサしてくるという生活でした。それは年とともに加速して行き、20歳頃を過ぎると冬には鼻や口の周りなどは白っぽくなってきたりもしました。男ではありましたが、あまりカサカサ肌は格好いいものではありません。この頃からハンドクリームを顔にも付けるようになりました。ただ、ハンドクリームはやっぱりハンドクリームだなということが分かってきました。
そして、化粧水と出会ったのです。私には姉や妹がいなかったので、スキンケアに関する知識などほとんどありませんでした。しかし、職場で旅行に行ったとき、当然寝る部屋は男ばかりだったのですが、その中に化粧水を使用している人がいたのです。風呂上りだったので、私の肌もカサカサでした。そこでその人に化粧水を借りたのです。すると、ハンドクリームとは全然違うしっとり感と潤いに感動しました。それ以来、化粧水を使用しています。ただ買うのは千円以下の安いものが多かったですが、それでもハンドクリームと化粧水ではやっぱりものが違うなと思いましたし、もう冬には必需品となりました。
その後結婚して、夫婦での生活となりました。妻も当然スキンケアをしています。それから私は妻の化粧水を使用しだしました。約三千円くらいの商品です。すると、今まで私が使用していた安い化粧水とは、これまた全然違うものを感じました。本当に肌がしっとりします。安いものは、肌の表面を化粧水が覆ってくれていた感じですが、この商品は肌が栄養を吸収して潤いを与えてくれた感じでした。化粧品は値段に比例するものだと感じました。
そして、乳液も使うようになりました。風呂上りに化粧水を付けて、その後乳液をつけます。これで私のスキンケアはばっちりです。
ここで、使用している商品ですが、資生堂の「リフトモイスト ローション W II しっとり」タイプです。妻は特に冬は、とてもしっとりタイプを使用したいようですが、私も使うのでしっとりタイプにしてくれとお願いしています。そして乳液ですが、これも資生堂の「リフトモイスト エマルジョン W II しっとり」タイプです。これらのシリーズは資生堂の中でも人気があるようですし、私も気に入っています。さらに高い商品もありますが、さすがに家計を考えるとこのクラスで十分です。
男がスキンケアをする場合、男性化粧品を使用することが多いかと思います。しかし敏感肌、乾燥肌の私にとっては男性も女性も同じ化粧品を使うのはありだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です